セッション受講者の声

仕事上でうまくいかないことなどがあっても客観的に捉えることができるようになり、必要以上に落ち込まなくなりました。以前は会社で揉め事が起こると「自分の仕事がなくなる恐怖」を感じることがありましたが、「今の仕事にしがみつくのはやめて新しい仕事をはじめよう」と意識を切り替えたことで、そうした恐怖から開放されました。(30代・女性)

自分のことを話すのが苦手で、他人に聞いてもらう機会が今までありませんでした。
そのため、コバさんに言われて「確かにそうだ!」と腑に落ちることが多くあり、自分の考え方の軸がどこにあるかを知る、非常に大きなきっかけになりました。(20代・男性)

「自分よりも自分の可能性を信じてくれる」という言葉がピッタリです。やりたいことが明確になっても、不安が大きくなかなか踏ん切りがつかない時もありましたが、信じてもらえたことで、だんだん私自身も自分のやりたいことや今後の可能性を信じられるようになり、挑戦していこうと決断できました。(30代・女性)

様々な角度から質問していただいたおかげで、「なりたい自分」と「適した自分」はまったく別ものであり、大きなずれがあることに気づきました。なぜ苦しいうえにしっくりこないのかも、よくわかりました。なりたい自分というより、「ならなければいけない自分」という自身への脅迫のようなものがあったことにも気づかされました。(30代・男性)

進路の選択や就活で受ける自己診断などは、結果的に何も活かせずに自分のこともわからず終わっていました。
履歴書やエントリーシートに書く自己PRなど今思えば酷いものでした。
自分で自分を見つめる時間をこれだけしっかりととることは、私一人ではできません。非常に有意義な時間でした。(30代・男性)